キュウリアレルギーに花粉対策薬?前立腺肥大症の人は注意

キュウリアレルギーは食物アレルギーです。
症状としては、発疹、皮膚のかゆみ、喘息様症状などがあり、重症になると、呼吸困難、意識喪失などが出ることがあります。
食物アレルギーは免疫の過剰反応によって起こります。
以前キュウリを摂取した時にキュウリを異物だと認識し、免疫が攻撃するように学習すると、キュウリアレルギーとなります。
その時、B細胞がキュウリ成分に結合するようにできているIgEという抗体を放出し、それが肥満細胞表面に沢山結合します。
その後キュウリを摂取すると、肥満細胞に存在するIgEにキュウリ成分が結合します。
こうなると肥満細胞が活性化し、ヒスタミン、ロイコトリエンなどのケミカルメディエーターを大量に放出します。
ヒスタミンにより、発疹、かゆみ、鼻炎、血管拡張を引き起こし、ロイコトリエンは特に気管支収縮に関与します。
これに対し花粉対策の薬の中で有効なものがあります。
花粉対策の薬の中で抗ヒスタミン剤と呼ばれるものはヒスタミンの作用を抑え、キュウリアレルギーによる発疹、かゆみ、鼻炎、血管拡張などに有効です。
またロイコトリエン受容体拮抗薬と呼ばれる花粉対策の薬はキュウリアレルギーによる喘息様症状を改善します。
ですから軽度の症状でしたら自宅にある花粉対策の薬が有効な場合があります。
しかしここで気を付けなければならないのが前立腺肥大症の方です。
前立腺肥大症の方は、大きくなった前立腺が尿道を圧迫し排尿障害が起こるのですが、抗ヒスタミン剤は抗コリン作用を有しており、この抗コリン作用によって内尿道括約筋が収縮し、尿道をさらに狭窄し、尿が全く出なくなるリスクもあります。
前立腺肥大症の治療をしている方は、自己判断でアレルギーの薬を服用しないようにしましょう。

ページトップへ