光線過敏症とは?花粉対策とリハビリテーションについて

花粉症の花粉対策にはマスクやメガネをかけるといった方法がありますが、これは根本的な解決にはなりません。
そこで、自宅でも出来る花粉対策として考えられたリハビリテーションとして、舌下免疫療法が登場しました。
これは免疫療法では減感作療法の一つと言われており、アレルギー体質を改善させるための方法として評価されています。
従来までの注射によるアレルゲンの投与が必要ないので、自宅でも簡単にリハビリテーションが可能です。
花粉(スギなど)を含むエキスを舌の上に垂らして行います。
これは花粉対策よりも一歩進んだ根本的な治療として注目されています。
自宅でのリハビリテーションが可能なので、通院回数が減り、時間が有効活用出来るのもメリットです。
今の所は舌下免疫療法によるアナフィラキシーなどの重篤な副作用は報告されていないという事です。
花粉症以外にも厄介なアレルギーとして、光線過敏症があげられます。別名では日光アレルギーとも呼ばれています。
日光に当たることによって引き起こされる免疫反応のシステムで、皮膚の赤み、ぶつぶつができる、腫れる、水膨れができる、かゆみが生じる、などの様々な症状が伴います。
健康な人でも、光に当たり続ければ日焼けを起こします。
しかし、光線過敏症では普通では反応が起こらない程度の日光量でも反応が起きてしまうのが問題になります。
光線過敏症の原因としては、遺伝、代謝異常、アレルギー、などがありますが、中でも最も多いのは薬剤性光線過敏症です。
原因になる薬剤には、鎮痛消炎外用薬、解熱鎮痛消炎薬、ニューキノロン系抗菌薬、血圧降下薬、精神系用薬、糖尿病治療薬、抗ヒスタミン薬、高脂血症治療薬、などがあります。

ページトップへ