鹿児島の花粉対策・アレルギーで意識消失の危険性も

日本では、国民の1割以上が花粉症だと言われています。
毎年春先になると、医療機関は花粉症患者の対応でいっぱいになります。
鹿児島は関東地方よりはスギ花粉が少ないと言われていますが、スギ以外のイネやヒノキの花粉対策に気をつける必要があります。
鹿児島ではスギ花粉は2月下旬〜飛び始めます。
2月後半〜3月初旬にかけてピークを迎えます。
また、他の地域と違い、3〜4月に鹿児島はヒノキ花粉の飛散量が多くなります。
スギ花粉が終わったと思ったら今度はヒノキ花粉になってしまう患者さんもいます。
花粉対策としては、抗ヒスタミン薬の服用、点眼液、ステロイド点鼻薬、などを使って症状を和らげていくのが一般的です。
他にも、新しい治療法ではレーザーで鼻粘膜表面を焼いて、アレルギーが起こりにくくする方法もあります。
抗ヒスタミン薬を服用すると眠くなりやすいので、眠くなるのが困るという人におすすめです。
レーザー治療は局所麻酔をかけて、日帰りで手術することが可能です。
他にも花粉対策には減感作療法というアレルゲンになる成分を注射する方法もあります。
ただし、減感作療法は体質改善には最低でも5年はかかりますし、副作用の危険もあります。
人によっては、急にアレルゲンの血中濃度が高まることで、意識消失などの重篤な副作用が起きてしまうこともあります。
意識消失を起こすような激しいアレルギー反応は、アナフィラキシーと呼ばれています。
急性アレルギーとも呼ばれており、急激に全身に激しい症状が現れます。
意識消失だけでは終わらず、場合によっては呼吸停止が起きてしまうこともあります。
アナフィラキシーの原因には、食物、薬品、蜂毒、ラテックス(天然ゴム)などがあります。

ページトップへ